料理 製菓 シェフ パティシエ 専門学校 宮城 仙台 宮城調理製菓専門学校

製菓衛生師科Basic Patisserie

  • 1年制コース

1年後、プロとして踏み出すために
製菓衛生師に必要なものすべてを習得。

密度の濃い授業を展開

パティシエは、自分自身が作ったお菓子でお客様に感動を与えることができるお仕事、それがこの世界の魅力であり、やりがいでもあります。宮城調理製菓専門学校では、製菓の知識や技術はもちろん、もっと基本的な道具や食材の扱い方、社会人としての心構えなど、1年間ではありますが、しっかりと習得することが可能です。洋菓子・和菓子・製パンの基礎を丁寧に反復練習することで、就業後の現場で信頼される技術を持った職人としての仕事を任せてもらえるよう、確実な技術定着を目指していけるのも特徴です。
経験豊かな専任講師のフォローにより、基礎技術をマスターし、学科授業を通して専門知識を培い、最短1年で卒業時には国家資格である製菓衛生師の受験資格を得ることができます。就職指導は、1年制も2年制も区分けなく、個々の希望をヒアリングしながら支援しております。製菓衛生師からは、2年目に調理師の1年制学科へ再入学し、製菓・調理の2つの国家資格取得を目指すWライセンスを活用する学生もおります。
Point1基礎の徹底

道具の扱い方から洋菓子・和菓子・製パンの基礎基本の徹底した習得。

Point2知識の修養

製菓衛生師として必要な衛生の知識、そして関連法令を学科授業を通して学習。

Point3職業人教育

社会人として必要な礼儀作法や立ち振る舞い、言葉遣いも学校教育の中で身につける。

国家資格の
重要性。

昭和41年に製菓衛生師法が制定され、これに基づき製菓衛生師の資格が誕生しました。この制度は、菓子製造業に従事する者の資質を向上させ、公衆衛生の向上と増進を図ることを趣旨としています。この資格は「製菓衛生師でなければ、製菓衛生師またはこれに類似する名称を用いてはならない」という名称の独占性があり、菓子製造業者の間に正しい科学知識を普及させ、できあがった製品に対する信用を増出させ、質向上を目指すところにあり、菓子製造を目指す人は、ぜひ取得しておきたい資格です。
近年の食に対する様々な問題は、基本的な法令順守がされていないことが、報道等でも明らかです。そんな現状で、技術だけで知識の無い人材が社会に出るということは、さらなる食に対する不信が高まるであろうことは言うまでもありません。“資格が無くとも就職は可能”などと言う考えは、プロとしての自覚と責任に疑問を呈するものと言っても過言ではありません。宮城調理製菓専門学校では、国の定めた必要なカリキュラムの中で、製菓衛生師の受験資格を付与し、国家試験を受験することで製菓衛生師資格が取得できるようになっています。

1年課程に製菓技術のすべてを網羅。
最新鋭の設備を使い、技術向上をねらいます。

主な授業内容

■製菓実習パティシエとして身につけておくべきマナーを実践を通して学び、道具の扱い方から洋菓子・和菓子・製パンの基本を習得します。
■和菓子実習特に東北地区では和菓子の専属教員を配置している学校は少ない現状ですが、宮城調理製菓専門学校では和菓子の専任講師を配置し、実習を受けることが出来ます。
■製パン実習本校では、現在経験豊富でコンクール受賞歴もある、製パンの専任講師がおり、近年人気の高まっている製パンに関する実習も充実しております。
■協力企業による特別講習製菓衛生師受験資格取得のための学科・実習はもちろんですが、本校ならではの特別カリキュラムも魅力です。例えば高梨乳業様より製菓には欠かせない乳製品の特別講習もその1つです。
カリキュラム

1年間の中で国家資格である製菓衛生師受験資格を取得するために必要な学科授業を効率的に学びながら、洋菓子・和菓子・製パンの基礎技術を身につけ、最短で職人になることを目指します。

1年次
    MON TUE WED THU FRI
1校時 製菓実習 製菓実習 製菓実習 栄養学 製菓実習
2校時
3校時 製菓理論
4校時 製菓理論
5校時 食品衛生学 食品衛生学 公衆衛生学 公衆衛生学
6校時 食品学 社会 食品衛生学 製菓理論
7校時 公衆衛生学 社会 衛生法規
製菓衛生師受験資格取得のための学科授業内容
衛生法規法の概念や体系、製菓衛生法、食品衛生法などの衛生関連法規を学習。開業に必要な営業許可に関する知識も学びます。
公衆衛生学人の健康に関わる環境や感染症、生活習慣病などのさまざまな要因について学び、健康とは何かを考えます。
栄養学適切な食事内容や正しい食事の取り方など健康を保持・増進させる栄養の基礎的な知識を学びます。
食品学製菓材料を中心に食品成分の正しい知識や安全性などを学習し、実際のお菓子づくりに役立てます。
食品衛生学すべての人に゜安全な食品を提供するため食中毒や食品添加物、衛生管理などの専門知識を学習します。
社会学お菓子の歴史や菓子店を経営するためのポイントを学習します。業界の現状や将来の方向性など最新情報も学びます。
製菓理論お菓子づくりは原材料の性質をよく知ることから始まります。製菓用の器具や機械の性質を熟知することも大切。製菓の理論を学び、実習に役立てます。

在学時の声

実習を通して、先を考えて
行動できるようになりました。

これまで製菓に関する勉強をつみかさねてきましたが、その中でも人として大切な「礼儀」や「挨拶」を身につけることができたのは、とても貴重なことだと思います。また、実習で学んだのは作り方だけではありません。次のことを考えて行動する力が身につきました。これは、就職してからも仕事を効率的に進めるための力になると思います。
学校では、行事も数多くありました。製菓ブティック「ラ・ヴェニュー」で行った営業実践や学園祭では、準備も含めて大変でしたが、やりがいのあるイベントでしたし、自分たちの手で運営したことで、学ぶことがたくさんありました。卒業後はこれらの学びを糧にして、たくさんの人に喜んでもらえるケーキを作ることのできるパティシエを目指したいと思います。

アルバジョン仙台泉本店 勤務
髙橋 実裕さん
製菓衛生師科 平成28年卒
山形県 鶴岡東高等学校出身

主な就職先

ケーキハウス アルパジョン(宮城)、森ホテルズ&リゾーツ(東京他)、仙台国際ホテル、ラ・テール洋菓子店(東京)、いたがき(宮城)、パレット(宮城)、菓子工房セレブレ(宮城)、パティスリー モンシェル(宮城)、土井製菓(宮城)、レストラン キャスロン(宮城他)、代官山シェ・リュイ(宮城他)、ばーすでい(宮城)、パティスリー ヴェルジェ(青森)、フレンドール(秋田)、西洋菓子プランタン(山形)、カトル セゾン(山形)、ボン村山(山形)、シベール(山形他)、レパコ(福島他)、ヴォートル(福島)

※過去3年の主な就職先の抜粋であり、上記以外にも多くの就職実績があります。

取得できる資格

■製菓衛生師(国家資格・受験資格)
■食品衛生責任者
■衛生専門士称号

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら
申し込み

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら
申し込み

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら
©2009  宮城調理製菓専門学校 All rights reserved.

022-272-3131