料理 製菓 シェフ パティシエ 専門学校 宮城 仙台 宮城調理製菓専門学校

宮城調理製菓専門学校

製菓技術の基礎をしっかりと学び、
プロとしての技術と意識を養います。

Confectionery hygiene person製菓衛生士科

製菓衛生師の養成コースです。卒業時には国家資格「製菓衛生師」の受験資格が取得できます。卒業時にプロとして歩みだせるよう、洋菓子・和菓子・製パンづくりの基本的な知識と技術を1年間で身に付けるカリキュラム構成になっています。最新鋭の設備を駆使して第一線の最新技術を習得できるよう配慮しています。

Curriculumカリキュラム

  • 製菓カリキュラム
基本生地 基本の生地の習得(パータ・ビスキュイ、ジェノワーズ、ビスキュイ・ルレ、ビスキュイ・ア・ラ・キュイエールジョコンドゥ、ハートゥ・シュクレ、パートゥ・フィユタージュ、パータ・シュー等)
基本クレーム 基本のクレームの習得(クレーム・オ・ブール、クレーム・シャンティ、クレーム・ダマンドゥ等)
基礎 基本のナッペ、絞りなどの習得
応用1 基本の生地、クレームの組み合わせ(シャルロット・フレーズ、ババロアズ・フランボワーズ等)/バター生地の習得(ガトー・ウィークエンド、パウンドケーキ等)/タルト類(タルト・カライブ、クラフティ・スリーズ等)/基礎(シュー・ア・ラ・クレーム)
応用2 基本的なバイビングの習得/基本となるテンバリングの習得(ショコラ)/飴細工の基本(引きアメ等)、マジパン細工の基本
  • 製パンカリキュラム
基本生地 基本的な成形(丸め、棒、コッペ)の習得(パターロール、パン・オ・レ、パン・ソ・ミ)
応用生地 ハード系パン(ストレート法、ポーリッシュ法、発酵種法)3種類の相違
ライ麦を使用するパン(パン・ド・セーグル、メテュール)の相違
折り込み生地(クロワッサン、デニッシュ、パン・オ・ショコラ)
  • 和菓子カリキュラム

小豆の煮方の漉し餡の作り方と炊き方、小麦饅頭の仕込み方(基本的配合と三つ種の包餡、味噌饅頭、黒糖饅頭)、 枠蒸し物の基本的製造方法と配合(栗むし羊羹、がんずき、蒸しカステラ等)、打ち物(落雁)の打ち方、 煉り切り(はさみ菊等)、季節の朝生菓子(道明寺、おはぎ、鶯餅、栗おこわ、柏餅等)

製菓衛生師受験資格取得のための学科授業内容

衛生法規 法の概念や体系、製菓衛生法、食品衛生法などの衛生関連法規を学習。
開業に必要な営業許可に関する知識も学びます。
公衆衛生学 人の健康に関わる環境や感染症、生活習慣病などのさまざまな要因について学び、健康とは何かを考えます。
栄養学 適切な食事内容や正しい食事の取り方など健康を保持・増進させる栄養の基礎的な知識を学びます。
食品学 製菓材料を中心に食品成分の正しい知識や安全性などを学習し、実際のお菓子づくりに役立てます。
食品衛生学 すべての人に゜安全な食品を提供するため食中毒や食品添加物、衛生管理などの専門知識を学習します。
社会学 お菓子の歴史や菓子店を経営するためのポイントを学習します。
業界の現状や将来の方向性など最新情報も学びます。
製菓理論 お菓子づくりは原材料の性質をよく知ることから始まります。製菓用の器具や機械の性質を熟知することも大切。
製菓の理論を学び、実習に役立てます。
 
 

License acquisition取得できる資格

取得資格 ・製菓衛生師受験資格(国家資格)
・食品衛生責任者
・衛生専門士称号

資料請求・お問い合わせ

Twitter

Facebook

PHOTO GALLERY

Copyrigth c 2009 All rights reserved.

学校紹介

学科・コース

募集要項

キャンパス情報