料理 製菓 シェフ パティシエ 専門学校 宮城 仙台 宮城調理製菓専門学校

学 校 紹 介

“The history of the table of a nation is a reflection of the civilization of the nation”

「一国の調理の歴史は、その国の文明の反映である」といわれるように、私たちに必要な衣食住の中でも、「食生活」は健康を保持して体力の増強を促し、労働のエネルギー源となる極めて重要な要素です。 従って国民の食生活の改善に直接貢献できる「調理師」の資質向上は、社会的要請であるともいえるのです。 本校ではこのような趣旨に基づき、「調理師」という資格を社会的職業としてとらえ、優秀で志の高い、人間性豊かな調理師を数多く育成しています。

History沿革

昭和37年10月 市内上杉山通りに宮城調理師学校開校 各種学校として認可される
昭和38年3月 厚生大臣指定校に認可される
昭和38年4月 第一回本科生入学 定員50名
昭和38年10月 第一回第二本科生(夜間)入学 定員50名
昭和40年4月 本科生の定員100名となる
昭和44年4月 本科生の定員150名となる
昭和45年4月 本科生の定員200名となる 専修学校認可 宮城調理専門学校となる
昭和49年4月 本科生の定員300名となる 現・仙台市青葉区葉山町に移転
昭和50年4月 第二本科生の定員100名となる
昭和55年1月29日 学校法人勝山学園 厚生大臣指定「宮城調理師専門学校」となる階段実習室、集団調理実習室を増築
昭和55年4月 専門科入学定員200名、高等科入学定員100名、第二高等科入学定員150名となる
昭和62年 視聴覚室、モデルキッチンを増築
昭和62年3月 勝山学園「勝友会館」を新築し、レクチャールーム、バスタベーカーリールーム、大広間、大ホールを新築する
平成6年 勝友会館増築
平成7年4月 専門科入学定員300名、高等科(夜間)入学定員100名となる
平成7年7月 フランス・ブルゴーニュ・メルキュレに研修生として3千坪のドメイン(ワイン醸造工場と居住施設)と15千坪のワイン畑を取得
平成13年4月 専門課程 専攻科2年制 新設 入学定員40名
平成15年4月 製菓実習室を増設
平成15年4月 専門課程 製菓衛生師科1年制 新設 入学定員80名 総定員が560名となる
平成17年4月 専門課程 上級製菓技術科2年制 新設 入学定員40名 総定員が680名となる
平成18年4月 専門課程 調理師科 カフェ・レストランコース 新設 第二製菓実習室を増設
平成18年8月 新校舎第一期工事完了
平成18年8月 カフェ・レストラン「IL VIALE」新築
平成18年12月 製菓ブティック「L’ AVENUE」新設
平成19年4月 高等課程 製菓衛生師科 夜間部 新設、入学定員40名、専門課程 上級調理技術科 定員変更、入学定員120名 総定員が610名となる
平成19年10月 新校舎第二期工事完了
平成19年10月 バンケットホール「La Tremoille」新設、専門課程
平成21年4月 上級調理技術科を上級調理コースとレストラン・ブライダルコースの2コースとする
平成24年10月 開校50周年を迎える
平成29年4月 1年制課程「カフェ・レストラン&パティスリーコース」を2年制課程「カフェ・パティスリーコース」への移行。 及び調理師科夜間部・製菓衛生師科夜間部を廃止し総定員が560名となる

Access Mapアクセスマップ

・地下鉄「北仙台駅」(仙台駅から6分)下車北出口[1]番徒歩1分 ・JR 仙山線「北仙台駅」(仙台駅から10分)下車徒歩3分

〒981-0917 宮城県仙台市青葉区葉山町1-10 TEL/022-272-3131(代) 
FAX/022-273-0545 https://www.miyacho.ac.jp E-mail:somu@miyacho.ac.jp

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら
申し込み

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

申し込み

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら
©2009  宮城調理製菓専門学校 All rights reserved.

022-272-3131