料理 製菓 シェフ パティシエ 専門学校 宮城 仙台 宮城調理製菓専門学校

宮城調理製菓専門学校

様充実した2年間で高度な技術と
応用を身に付け、
素材の知識と商品知識を養い、
プロの即戦力としてなりうる能力を身につけます。

Senior confectionery course上級製菓技術科

1年次で学んだ製菓・製パンの基礎的な知識と技術を土台にして、2年次は高度な技術や豊かな想像力を磨き、積み重ねていく2年間。 一般のお客様に自分たちがつくったスイーツを販売したり、バンケット形式で大人数のデザートづくりを経験するなど、各種実習施設を 使った実践内容も充実しています。

Curriculumカリキュラム

  • 製菓カリキュラム
基本応用(復習) 基本生地の応用(ガトー・オ・フレーズ)/特殊な生地の習得(フォレ・ノワール)/より高度なナッペ、絞りの習得(シュルプリーズ・デ・ボア)/基本の応用(ル・フェドラ、ミュルティ・フリュイ、タルトゥ・ポンム、タルトゥ・フレーズ、タルトゥ・フロマージュ、サントノレ)
応用1 基礎の応用(ル・フェドラ)/デセール(ブラン・マンジェ)/色々なパート、クレームの組み合わせ(ムース・フロマージュ・ヴァン・ブランドミニカン、ミルフィユ・バナーヌ、ギャレットゥ・ドゥ・ルワ、シブーストゥ・ペイザンヌ)
トゥレトゥール 基礎的なトゥレトゥールの習得(キッシュ・ロレーヌ、タルトゥ・オニョン、クロック・ムッシュウ、トゥリアノン、ポロ葱のフラン)
応用2 チョコレートの取り扱いの習得(ショコラ)/飴細工の応用(引きアメ、流しアメ等)/工芸菓子(パステヤージュ)他
  • 製パンカリキュラム
基本生地 1年次の復習(ソフト系/バターロールetc、ハード系/フランスパンetc)
応用生地 応用のハード系パン(ストレート法、ポーリッシュ法、発酵種、低温長時間発酵)の相違、レトロバケット
応用のソフト系パン(菓子パン/ストレート法・中種法、ヴリオッシュ)
折り込み生地の応用(パン・オ・レザン、デニッシュ/フルーツ・焼き込み形)
天然酵母パン(パン・ド・カンパーニュ/ルバン・リキッド、ルバン・ナチュール)
イベントパン(シュトレン、クグロフ)
  • 和菓子カリキュラム

小豆の煮方の復習と応用(ミルク餡、くるみ餡、胡麻餡等の加合餡)、小麦饅頭の応用(六つ種の包飴、吹雪饅頭の製造法)、枠蒸し物の応用(浮島と羊羹の流し合わせ等)、打ち物の応用(和三盆糖を使用した干菓子)、煉り切りの応用(はさみ菊・梅等)、焼き菓子類(胡桃饅頭、乳菓、東饅頭、蕎麦饅頭等)、カステラの製造法、季節の上生菓子(雪平、外郎、きんとん等)

  • 実践シミュレーション実習
販売スタッフと製造スタッフに分かれ本物の製菓ブティックを運営 2年次では製菓ブティック「ラヴェニュー」において営業実践を行います。
実際のブティック同様、前日から仕込み・袋詰めから店内での接客・サーヴィス・ラッピングまでを行います。
大人数を想定した宴会実習 通常授業では経験できない大人数での宴会やパーティーを想定した実習をバンケットホール「ラ・トレモワイユ」の宴会厨房で行います。
各科1年生のテーブルマナーの授業にあわせて、コース料理のデセールを上級製菓の2年生が作るものとなります。

License acquisition取得できる資格

取得資格 ・製菓衛生師受験資格(国家資格)
・食品衛生責任者
・衛生専門士称号

資料請求・お問い合わせ

Twitter

Facebook

PHOTO GALLERY

Copyrigth c 2009 All rights reserved.

学校紹介

学科・コース

募集要項

キャンパス情報