料理 製菓 シェフ パティシエ 専門学校 宮城 仙台 宮城調理製菓専門学校

上級製菓技術科Professional Patisserie

  • 2年制コース

「独創性」と
「繊細さ」を
両立させる。

お菓子は、人々の心に安らぎや感動を、そして時には「夢」を与えるもの。そんなお菓子づくりのプロを目指すには、何といってもお菓子の美を表現する「創造力」が欠かせません。また、お菓子作りには第一に衛生的であることと、製菓特有の技術が求められます。プロとして就業するためには、食品添加物についての科学的な知識を持っていることも必要とされます。製菓分野への就業希望者は年々増えており、人気の職業の一つになりつつあります。その一方で競争の激しい業界でもあり、マスコミや雑誌等でスイーツ特集が組まれれば多くの人が関心を示す現在、経営者も作り手も常に新しいトレンドや技術に対して探究心を持たなければなりません。このような現状の中で、宮城調理製菓専門学校では即戦力となるべき人材の育成に力を注いでいます。
近年、食の安心・安全を求める機運は高まり、法令順守の精神からも国家資格の重要さに注目が集まっておりますが、上級製菓技術科では1年目修了時点で国家資格である製菓衛生士の受験資格を取得し、2年目在学中に国家資格を受験することが可能となっております。

オリジナリティを開花させる
洋・和菓子の基本を身につける。

最高級の施設・設備で確かな技術を習得

学校で教えることはお菓子作りのすべて。基礎を大切にした実習は、一人ひとりのレベルに合わせ、無理なく技術習得ができるよう、信頼できる先生が常に身近にいてサポートします。 技術だけではなく、「おもてなしの心」を学ぶための施設も充実しています。自分たちで作った洋菓子・和菓子、パンを校内に併設された製菓ブティック「ラ・ヴェニュー」で一般の方に販売・提供し、大量生産の技術や接客のマナーを学びます。
上級製菓技術科では、全国でも数少ないショコラトゥリー・コンフィズリー実習室(チョコレートやあめ細工専門の実習室)で、さらに高度な技術も習得可能となっています。
2年間を通して基礎基本から応用、そして即戦力として働ける心も身につけられます。
Point1充実の実習

2年目は実習中心のカリキュラムとなるため、高度な技術を反復して徹底指導。

Point2チョコ・あめ細工

校内設置のショコラトゥリー・コンフィズリー実習室でチョコレート・あめ細工に特化した実習を実践。

Point3グローバル

フランス提携校との交流授業や※MOFの特別講師による実習を展開。
※フランスの優秀な職人に与えられる称号

主な実習内容
1年目
洋菓子・和菓子・製パンの基礎技術の習得
それぞれの基礎を徹底し、完成度を高める
製菓ブティック運営を目指した応用技術の習得と実践
2年目
製菓ブティックでの運営実践
チョコレートやあめ細工、シュガークラフトなどの高度な技術の習得
調理学科とコラボレーションしたホテル等での現場シミュレーションの実践

学内製菓ブティック(ラ・ヴェニュー)でのスウィーツ販売。
製菓技術に留まらない学びがあります。

主な授業内容

■製菓実習パティシエとして身につけておくべきマナーを実践を通して学び、道具の扱い方から洋菓子・和菓子・製パンの基本を習得します。
■特別実習ショコラトゥリー・コンフィズリー実習室でのチョコレートやあめ細工などの高度な技術実習と、学んだ集大成をブティックでのバレンタインチョコレート販売などで実践。
■製菓ブティック販売運営実践
 (三次産業トレーニング)
校内に設置され、一般営業許可を受けている製菓ブティックでの販売実践。季節に合わせたケーキやパン、バレンタインの時期にはチョコレートの販売もあります。
■各企業等主催のイベント参加校内での学園祭以外に上級製菓技術科は様々なイベント参加が多いクラス。級友との絆が深まるイベントがいろいろ
※年によりイベント内容に違いがあります。
※写真は楽天ゴールデンイーグルスとのコラボイベント「スイーツタウンのお菓子の家」
カリキュラム

1年次は製菓衛生師として必要な基礎的な知識と技術を身につけ、2年次は高度な技術やチョコレートやアメ細工等の特別実習を実践し、即戦力となる人材育成を目指します。

1年次
    MON TUE WED THU FRI
1校時 製菓理論 製菓理論 社会 公衆衛生学 食品衛生学
2校時 食衛実習 公衆衛生学 食品衛生学
3校時 栄養学 栄養学 製菓理論
4校時 製菓実習 製菓実習 食品衛生学 製菓実習
5校時 調理実習 食品学 製菓実習
6校時
7校時 製菓理論
2年次
    MON TUE WED THU FRI
1校時 製菓実習 製菓実習 製菓実習 外国語 製菓実習
2校時
3校時 経営学
4校時 製菓実習
5校時 実践学
6校時
7校時

在学時の声

しっかりとした基礎とルセットが
私の宝物になりました。

明るく元気、個性豊かなクラスメイトに刺激を受けながら、毎日、製菓の知識と技術に磨きをかけています。先生方は生徒一人ひとりのことを考えて、とてもていねいに指導してくださいます。そんな先生方のおかげで、就職も決まりました。この学校で基礎からしっかり学べたことは、これからの社会人人生に確実に役立つと思います。他にも、これまでの実習をまとめたルセット(「作り方」の意味のフランス語=レシピ)や、日々の実習で身につけたコミュニケーション能力も活かしていきたいです。そしていつか、海外のホテルで製菓製造に携わりたいと思っているので、英語も勉強したいです。卒業しても、やりたいことをたくさん見つけさせてくれた先生方と、クラスメイトに感謝しながら、これからの毎日を大切に過ごします。

パークハイアット東京 勤務
小野 道子さん
上級製菓技術科 平成28年卒
宮城県志津川高等学校出身

主な就職先

パークハイアット東京、イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京)、トシ・ヨロイヅカ(東京)、モンサンクレール(東京)、成城アルプス(東京)、八芳園(東京)、横浜ロイヤルパークホテル、ホテルエピナール那須(栃木)、ウエスティンホテル仙台、仙台国際ホテル、ホテルハマツ(福島)、郡山ビューホテル、ケーキハウスFRAISE(宮城)、オランジュリー(宮城)、ラ・クロンヌドル(宮城)、シセイドウ Kazunori murata(宮城)、ドンク(宮城他)、パン工房ウェルストン(宮城)、パンセ(宮城)、シベール(山形他)、レパコ(福島他)、和菓子司 塩野(東京)、テオブルマ(東京)、ショコラティエ エリカ(東京)

※過去3年の主な就職先の抜粋であり、上記以外にも多くの就職実績があります。

取得できる資格

■製菓衛生士(国家資格・受験資格)
■食品衛生責任者
■衛生専門士称号

COLUMN

職業人への道

上級製菓技術科編

学校生活で身につけてほしいもの。それは「基本」です。高度なテクニックは、職場に入ってから十分に磨くことができます。その前に挨拶や礼儀など、社会人になるため、またパティシエになるための「基本」を伝えたいと思いながら、日々の授業を行っています。

私の父は日本料理の料理人で、家もお店をしていた影響から、私は料理人になろうと思っていました。それがパティシエの道に進むことになったのは、高校卒業後、就職したホテルで製菓を勧められたことがきっかけです。実は子どもの頃から、お菓子作りが好きだったのです。

人生はアイスクリーム。
溶ける前に楽しもう。

ホテルでの修行時代、硬い白桃のコンポートをお客様に出してしまったことがあります。その時、当時の総料理長に「信用を失えば、取り戻すのは至難の業。プロなら同じ失敗をしてはいけない。それが信用につながるのだ」と教えていただいたことを今も印象深く覚えています。そしてもう一つ、好きな言葉があります。
“Life is like icecream. Enjoy it before it melt.”
人生はアイスクリームのようなもの。溶けてしまう前に楽しみましょう。そして常に努力を怠らず、「自分」をもち、それを十分に発揮して、人間として魅力のある「一流」を目指しましょう。

シェフ・パティシエ 奥 保春先生 上級製菓技術科
宮城県出身
担当科・コース
上級製菓技術科・製菓衛生師科

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら
申し込み

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら
申し込み

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら

入学する専門学校を決める際に、ホームページや学校案内を請求し情報を得る事はそれぞれ重要で大切なことです。

詳しくはこちら
©2009  宮城調理製菓専門学校 All rights reserved.

022-272-3131